コラム

SNS運用代行に強い会社15選!会社の選び方や費用についても解説

SNS運用代行に強い会社15選!会社の選び方や費用についても解説

SNS運用代行サービスは、SNSのアカウント運用や管理の煩わしさを解決するための有効な手段です。SNSアカウントの管理を専門業者に任せることにより、リソースを節約できます。

 

ブランディングや顧客獲得の目標を効果的に達成しながら、本来の業務に集中することが可能です。SNS管理を請け負う企業は、アカウント設定・投稿の計画・フォロワーとのコミュニケーション・マーケティング戦略の立案など、多岐にわたるサポートを提供しています

 

この記事では、SNS運用代行で評判の良い15社を紹介します。選定のポイントや費用に関する詳細情報もまとめました。

SNS運用代行とは?

SNS運用代行サービスとは、企業や個人が持つSNSアカウントの管理業務を請け負うものです。投稿の作成、返信(リプライ)、他アカウントとのやり取りなどさまざまな活動が含まれます。

 

クライアントはこのサービスを利用することで、SNS管理に必要な時間や労力を減らし本業に専念できます。リソースに限りがある組織や個人にとって、SNS運用代行は大きな効果を発揮します運用代行業者は、SNSアカウント管理の豊富な経験と知識を生かし、ブランディングや集客のためのSNS運用をサポートします。

SNS運用代行で依頼できる業務内容

SNS運用代行を利用すると、SNS管理に関わるほぼすべての業務を委託できます。アカウントの設定、投稿の企画・作成、実際の投稿、フォロワーとのやり取りなどが含まれます。SNS運用がブランディングや集客にどれだけ効果的かを分析するレポート作成も依頼できます。

 

インフルエンサーとの連携やプロモーションの企画など、マーケティング戦略の策定と実行も代行サービスの範囲内です。SNS運用を開始する際には、運用の目的を明確にする必要があります。

 

目標達成に向けて、最適な代行会社を見つけるのが重要です。代行会社との初期の打ち合わせで目的に沿った業務を依頼し、支援してもらう内容を整理しましょう。

SNS運用を強い会社に委託するメリット

SNS運用を専門とする企業に業務を委託するメリットは3点です。ひとつ目は、自社のリソースを最適化できる点です。SNS管理以外の重要な業務に注力できるようになります。アカウント管理にかかる時間を減らすことで、本業にもっと時間を使えるようになります。重要な業務への集中により、リソースをより効率的に活用することが見込めます。

 

次に、プロフェッショナルの手による運用は、自社で行うよりも高い成果が期待できるという点です。専門の知識と経験を持つプロによる管理で、フォロワーの増加やエンゲージメントの向上が期待できます。SNS運用を外部に委託する最大の利点です。

 

最後に、運用代行を利用することで、専門的なノウハウを身につけられます。代行企業は、最新のトレンドやSNSのルール変更にも迅速に対応しています。社内の担当者は、代行企業から最新の情報やトレンド、ルール変更について習得可能です。得た知識を活かし、将来的にはSNS管理を内製化させるのも一案です。

SNS運用を強い会社に委託するときのデメリット

SNS運用代行の利用には、主に3つのデメリットが考えられます。まず、SNS運用代行サービスには、費用が発生します。サービス利用に伴う費用は避けられず、依頼する業務の内容によっては費用が高くなることもあります。運用を内製化する場合とどちらが費用対効果が高いかを見極めたうえ、運用代行会社の利用を検討しましょう。

 

次に、SNS運用代行を利用しても、必ずしも期待した成果が得られるわけではありません。たとえば、自社の商品やサービス自体が現在のトレンドに合わない場合、たとえSNS運用を高度化したとしても期待した成果が出ないこともあります。

 

最後に、適切なSNS運用代行業者を選定するのが難しいという点です。選択を誤ると期待する成果を得ることができないため、慎重に業者を選ぶ必要があります。業者の実績や提供するサービスの内容を詳細に確認し、自社のニーズに合った業者を選ぶことが大切です。

 

SNS運用に強い東京のおすすめ代行会社15選

SNS運用の成功には、深い専門知識と豊富な経験が必要です。本章では、東京でおすすめのSNSアカウント運用の代行会社を15社取り上げます。SNSマーケティングに関する戦略の策定から実施、そして分析までを一貫して提供し、クライアントのブランド力と認知度の向上に貢献してくれます。

 

各社ともに実績があり、過去のクライアントが関わる業種もさまざまです。対応するSNSプラットフォームや強みも多岐にわたるため、最適な代行会社を選ぶ参考にしてください。

エヌフォース

エヌフォースは、動画制作事業やSNS運用代行、メタバース事業やインフルエンサーのキャスティングをおこなう会社です。SNSマーケティングに優れていて、ターゲットのエンゲージメントを高めるのが強みです。

 

SNSマーケティングの戦略立案から運用、分析にいたるまでワンストップでサービスを提供しています。ヒアリング段階からKPIを明確にし、競合分析や既存のアカウント分析を通じて、戦略を提案します。

 

専門スタッフによるコンサルティングと運用ノウハウを持ち、最適なSNS活用を提案できます。対応しているSNSもYouTube、TikTok、Instagram、Twitter、Facebook、LINEなど幅広いプラットフォームに対応しています。

ご相談・お問い合わせはこちら

 

ハーマンドット

ハーマンドットは、メディア運営やSNSマーケティングを中心として、画像や映像制作をおこなう会社です。ウェブサイト制作とウェブ広告運用、SNS広告とSNS運用代行といったオンラインメディアに広く精通した会社です。

 

SNS運用の専門家がディレクションから投稿内容の作成まで一括して対応します。最初の打ち合わせから投稿までを担当し、依頼者のイメージに合致したSNS運用を実現します。クライアントのニーズに合わせた戦略立案から運用の実績もあるため、リスク管理にも長けています。

 

SNS広告とインフルエンサーマーケティングを併せて活用するワンストップな運用も可能です。ファッション、美容・健康、飲食店、旅行関連、観光地、商業施設、イベントといった幅広い業界のサポート実績があります

コムニコ

コムニコは、SNSマーケティングを専門としたコンサルティング会社です。SNSマーケティングを中核の事業とし、デジタル集客のコンサルティングに特化しています。SNSによる認知の獲得から販売促進までサポートし、売上アップや認知度の向上を実現します。

 

2008年の創業から約1,800アカウントの運用実績(2023年3月時点)を持ち、手掛けるSNSプラットフォームも柔軟性があります。Instagram、X(旧Twitter)、Facebook、LINE、YouTube、TikTokといった一般的なSNSからnote、LinkedInなどの運用代行が珍しいサービスまで対応しています。

 

コムニコは、自社開発のSNS投稿管理ツールやキャンペーンツールを公開しています。クライアントのSNS運用の支援も受託しています。コンサルティングを依頼しなくても、SNS運用の手間を削減し、戦略的で生産的なSNS運用が可能です。

Tenmu

Tenmuは、SNS運用の各種アカウント運用代行をおこなう会社です。ウェブページの制作や動画制作にも対応し、総合的なSNSマーケティングを提供しています。クライアントのブランディングを高め、オンラインでの認知を向上させるための包括的なサポートをしています。

 

SNS運用を中核事業とし、代行事業の専門性の高さが強みです。「根拠のある正解を目指す」を掲げ、業界の実績と流行調査からどのようなSNS運用に勝算があるかを研究しています。

 

対応しているSNSもInstagram、Twitter、Facebook、LINE、YouTubeなど幅広い実績があります。過去のクライアントについても業界も多岐にわたるため、SNSマーケティングと親和性があるか疑問が残る際には、相談してみてください。

WILL/ウィル

ウィルは、Instagramアカウントの運用代行に強みのあるSNS運用代行会社です。X(旧Twitter)やFacebookの代行経験もあります。ウェブページの制作についても企画から制作まで対応し、オンラインマーケティングの相乗効果を狙えます。

 

SNSを通じた集客とブランド構築に重点を置き、ターゲットの目をひくクリエイティブなコンテンツ制作と戦略的な運用計画を通じてクライアントの支援をしています。

 

SNSマーケティングを中心に、ウェブ広告やSEO対策など総合的なデジタルマーケティングが強みです。Instagramの運用を検討する際にはご相談してみてください。

バケット

バケットは、2008年からサービスを提供している老舗のSNS運用代行会社です。直接取材をするインタビューにも対応し、ウェブメディアの運用やウェブライティングも請け負います。

 

ラジオやテレビ関連のアカウント運用実績を多く持ち、エンターテインメントに特化した会社です。クリエイティブなコンテンツ制作と戦略的なキャンペーン運用を得意とし、クライアントのニーズに合わせてSNS上でのブランディング実績があります。

 

マーケティングとクリエイティブの両面からサポートし、SNSマーケティング戦略の立案と運用だけでなく、動画制作やウェブデザインのクリエイティブ支援も手掛けます。エンターテインメントに関するキャンペーンを検討する際には相談してみてください。

ライトアップ

ライトアップは、SNSに投稿されたコンテンツに対する反響の監視とリスク管理に強みを持つSNS運用代行会社です。クライアントのSNSアカウントが炎上するリスクを最小限に抑えるための監視体制を整えています。

 

コンテンツ制作が強みで、メルマガや診断コンテンツの実績が多いのが特徴です。SNSマーケティングについてはSNSメディアのスペシャリストが対応します。それぞれがSNSの特性を熟知しているため、的確な支援が可能です。ターゲットに合わせて最適な運用プランを設計します。

 

SNS運用の戦略立案から、運用、分析まで対応できます。発信するコンテンツについて相談したい方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

アディッシュ

アディッシュは、顧客管理に関するサポートとSNSなどの新しい技術を使う中で発生する問題を解決する会社です。スタートアップ企業へのグロース支援やカスタマーサクセスの総合支援を提供します。

 

SNS運用代行だけでなく、デジタルマーケティング全般にわたるサービス提供をしています。海外向けSNS運用も対応でき、10カ国以上の国に対応しています。他言語に対応した戦略的な運用とコンテンツ制作で、グローバルなターゲットへのリーチも可能です。

 

幅広い業種の実績を持ち、SNS広告のコンサルティングにも実績があります。日本以外へのマーケティングも検討している方は、アディッシュに相談するのがおすすめです。

メンバーズ

メンバーズは、複数のSNSプラットフォームを一貫して運用するサービスを提供する会社です。データ分析に基づいた戦略的なアプローチとターゲットからのエンゲージメントを高めるコンテンツ制作でSNS運用をおこないます。

 

30名以上のSNS運用の専門家を有していて、クライアントの目的に沿った依頼が可能です。100社以上のSNS運用代行実績があり、多くのノウハウや知見を持っています。データ分析から活用を得意とし、データの活用支援サービスも提供しています。

リプカ

リプカは、Instagramの運用代行を得意とするウェブマーケティング会社です。300件以上の運用実績(2024年4月時点)を持ち、Instagramの専門家がトータルサポートする運用代行サービスを提供しています。

 

約1~2週間ほどのヒアリングから約1ヵ月ほどの調査とアカウントの戦略作成をして運用する流れで、クライアントの要望に応えます。投稿やキャンペーンの頻度ごとに料金プランを用意していて、予算の見込みが立てやすいのもメリットです。

 

Instagramのメカニズムを徹底解析し、ノウハウ蓄積を手がけています。オプションとして、X(旧Twitter)の運用代行、ECサイト開設、LP制作代行も請け負います。外国語対応もしていて、台湾(広東語)、韓国語、英語語でも運用代行が可能です。

ガイアックス

ガイアックスは、サービス開始から10年以上、1,000社以上の累計支援実績(2024年4月時点)を持つSNS運用代行会社です。クライアントごとの課題やニーズに合わせて戦略を策定し、投稿頻度によってプランを選択できます。

 

キャンペーンや広告運用だけでなく、炎上対策サービスも提供しています。24時間365日、アカウントを監視する体制を取り、炎上の早期対策が可能です。炎上を未然に予防するための勉強会も開催しています。

 

SNSマーケティングに関する豊富な知識を持つリサーチャーも在籍し、市場調査、キャンペーン施策などブランドリフト調査も対応可能です。定点調査により施策全体の効果測定にも対応しています。

ホットリンク

ホットリンクは、ビッグデータとAI技術を活用したSNS運用サービスを提供している会社です。SNS上のトレンドやユーザーの行動パターンを分析し、データをもとに効果的なマーケティング戦略を提供します。

 

SNS運用代行を通じて、クチコミを解析し、どのような切り口でサービスや商品が消費者から捉えられているかを把握します。クチコミの情報をもとに、戦略や企画の方向性を最適化できるのが強みのひとつです。

 

クチコミ分析だけでなく、クチコミ創出施策も提案しています。SNSアカウントの運用やバズるのが目的ではなく、KGIの達成や売り上げ達成を目指すのも特徴です。X(旧Twitter)の分析を得意とし、ブログやクチコミサイトの情報を総合的に検証できるのが強みです。

テテマーチ

テテマーチは、Instagramアカウント運用を得意とし、インフルエンサーを活用したプロモーションを提供している会社です。X(旧、Twitter)でのキャンペーンツールも提供しています。

 

Instagram、X(旧Twitter)、TikTokを中心にSNSアカウントの運用代行サービスを提供しています。クリエイティブなアイデアと戦略的なブランディングを立案と運用する「ブランドプロデュース」とのサービスもあります。

 

業界で最大となる50,000アカウント(2024年4月時点)ものアカウントが登録している、Instagramアカウント分析ツール「SINIS(サイニス)」を公開しています。SINISは、企業アカウントのSNS運用における成果を評価し、課題を分析するツールです。

グローバルリンクジャパン

グローバルリンクジャパンは、SNSコンサルティングやSNS運用代行を事業とする会社です。Instagram、YouTube、TikTok、Facebook、X(旧、Twitter)のコンサルティングに対応しています。SNS運用代行はLINE、Wechat、Weiboアカウントの代行も可能です。

 

海外からの観光客に対するインバウンド向けSNS運用代行を特徴や強みとしています。英語やWeiboにおける中国語でのSNS運用にも対応しています。海外企業の運用実績も多数あるため、海外企業とのプロモーションを検討する際に相談してみてください。

 

SNS運用に関する情報を発信していて、『SNSマーケティングのやさしい教科書。』、『効果が上がる! 現場で役立つ実践的Instagramマーケティング』などの著書を出版しています。オンラインでの勉強会を開催するなど活発な活動もしています。

サイバー・バズ

サイバー・バズは、SNSマーケティングを専門にする企業で、Instagram、TikTok、LINE、YouTube、Facebookの運用代行を提供しています。『Owgi(オウギ)』というSNS管理ツールを用いて、投稿の管理、画像作成、レポート作成、クチコミ分析が行えます。

 

ツールと運用代行サービスにより、SNSの運用を全面的にサポートしてくれるのが特徴です。『DETEKURU(デテクル)』プラットフォームを通じて、クリエイターと企業のマッチングを促進します。クリエーターは、動画、写真、デザイン、イラスト、ライティング、音声制作を手掛け、企業のSNSアカウントを理想の形で運用するための支援を提供します。

 

また、クリエイティブな面でも企業のSNS戦略を強化する多角的なサービスを展開している点も、強みのひとつです。

 

SNS運用代行会社を選ぶときのポイント

SNS運用代行会社を選ぶ際には、目的やニーズに合ったサービスを提供しているかどうかを見極めることが重要です。適切な代行会社を選べれば、SNSを活用したマーケティングの効果を最大限に引き出せます。

 

代行会社の選び方だけでなく、SNSアカウントを運用する目的の設定も大切です。どのような成果がほしいかによって、依頼する業務内容も変わるからです。以下のポイントを押さえて、より効果的な代行会社選びに生かしてください。

SNS運用のゴールを明確にしておく

SNS運用を外部に委託する際は、運用の最終目標を明確に設定するのが大切です。目標がブランド認知度の向上なのか商品の販売促進なのかによって、求めるサービス内容は異なります。

 

ターゲットとするユーザー層や、利用するSNSプラットフォームを事前に決めておきましょう。目標や条件を明確にすることで、最適な代行会社を見つけやすくなります。SNS運用では画像や映像、テキストの投稿の自由度が高い特徴があります。

 

最終目標からKGIを設定し、投稿内容からクチコミを分析する中で投稿内容を改善していきましょう。バズの発生のみで投稿を評価すると、当初の目的と異なる目的にすり替わってしまう恐れがあるので、注意が必要です。

支援内容を整理したうえで選ぶ

SNS運用代行会社には、投稿内容の企画、作成からアカウントの運用管理、分析レポートの提供まで、さまざまなサービスがあります。自社でやりたい業務と、外部に委託したい業務を明確に分け、必要な支援内容を整理するのが重要です。

 

代行会社によって得意とする分野やサービスの質が異なるため、複数の会社を比較検討し、実績やクライアントの評判なども参考にして選びましょう。適切なサポートを受けることで、SNS運用の無駄を省くだけでなく、マーケティング活動全体の成果向上にもつながります。

代行実績が豊富な会社を選ぶ

代行実績が豊富な会社を選ぶことは、SNS運用の成功に直結します。実績が豊富な会社は、さまざまな業種のSNS運用を経験しています。知識と経験を生かして、提供する商品やサービスに最適な戦略を提案可能です。

 

過去の成功事例を確認することで、その会社がどのような成果を出してきたかがわかり、信頼性を判断する材料にもなります。

費用体系が明確な会社を選ぶ

費用体系が明確な会社を選ぶのは重要です。SNS運用代行にはさまざまな費用がかかるため、事前に見積もりを取り、どのようなサービスにどれだけの費用がかかるのかを理解しておく必要があります

 

明確な費用体系を持つ会社であれば、予期せぬ追加費用に悩まされずに、計画的にSNS運用を進められます。費用対効果を考えた運用計画を立てやすくなります。

SNS運用を代行してもらう場合の費用目安

SNS運用代行サービスを利用する際の費用は、サービス内容によって大きく異なります。具体的には、以下の3つの価格帯に分けられます。

〜5万円|SNS運用をサポートするコンサルティングが中心に

5万円以下のサービスでは、主にSNS運用のコンサルティングが提供されます。直接的な投稿作業は依頼できず、運用方針の策定やアドバイスが中心です。自社でSNS運用をしたいが、運用が正しい方向に進んでいるか不安な場合に適しています。運用の基本的な指針を学び、正しい方向へ進むためのサポートを受けることができます。

〜30万円|基本的なSNS運用作業をひととおり委託できる

30万円以下のサービスでは、アカウントの作成から投稿内容の作成、実際の投稿、レポーティングまで、基本的なSNS運用作業をひととおり代行してもらえます。中小企業やスタートアップ企業にとって、SNS運用の手間が省けます。

 

専門的な知識やノウハウをもとにした運用をするための選択肢です。ビジネスが成長するフェーズでは自社リソースを割きたくはないが、SNS運用の先任者を雇用するのもコストです。

 

SNSアカウントの運用する目的を達成する期待が見込める点からもSNS運用を代行会社へ依頼するのは有益な選択肢です。

30万円~|インフルエンサー活用やキャンペーン企画など効果的な施策の実行を推進

30万円以上の費用がかかるサービスでは、インフルエンサーの活用、キャンペーン企画の実施、広告運用など効果的な施策の実施が可能です。大企業や予算に余裕のある企業にとって、SNS運用で成果を出すための投資です。

 

インフルエンサーを活用したプロモーションや、目を引くキャンペーンの企画、実施は、SNS上でのブランド認知度向上やフォロワー数の増加に直結します。クチコミの結果を集計し、次の施策への方向性を決めます。

 

総合的なデジタルマーケティングの支援を受けられるのが30万円以上の価格帯のサービスです。

エヌフォースはSNS運用にも強い会社

エヌフォースは、動画制作事業やSNS運用代行、メタバース事業、インフルエンサーのキャスティングを行う会社です。SNSマーケティングにおいて、ターゲットのエンゲージメントを高めることに長けています。

 

SNSマーケティングの戦略立案から運用、分析まで、ワンストップでサービスを提供しており、クライアントのニーズに応じた最適なSNS活用方法を提案できることが強みです

 

エヌフォースでは、ヒアリング段階からKPIを明確に設定し、競合分析や既存のアカウント分析を通じて、効果的な戦略を提案します。専門スタッフによるコンサルティングと豊富な運用ノウハウを生かし、YouTube、TikTok、Instagram、Twitter、Facebook、LINEなど、幅広いプラットフォームに対応しています。

ご相談・お問い合わせはこちら
 

守田 勧 もりたかん Morita Kan
 
株式会社エヌフォース 代表取締役/協同組合日本映像事業協会 正組合員 広報委員

[略歴/プロフィール]
2012年都内のフォトスタジオで働き始める。その後、スチール/動画撮影のディレクション・カメラマンを経て、2016年に株式会社エヌフォースを設立。動画制作、SNS運用(YouTube、X、Instagram、Facebook、TikTok、LINE)、キャスティングを行う。大日本印刷株式会社、ソフトバンク株式会社、株式会社東芝など上場企業からベンチャー企業まで累計3,000本以上の映像制作を手掛ける。2024年4月より協同組合日本映像事業協会の正組合員となり、広報委員に就任。